fbpx

想像できる?>「重ね合わせ状態」

まず「重ね合わせ状態」とは何なのでしょうか?

これは量子力学独特の概念であり
そしてこれこそがっ!

量子力学を習い始めた人を苦しめ
一般の人をして物理学に疎外感・とっつきにくさ
そして敵意すら抱かせる
その「主犯」とも言えるものなのだ

いかんここは冷静に‥(笑)

ともかくですね
日常的知覚レベルでの生活に慣れ親しみ、なじみまくっている私たちには
新しい物理学の概念
(それが量子論であるにせよ相対論であるにせよ)
がそれとかけ離れている場合
とても違和感を感じるし
理解に痛みを伴います

で、重ね合わせについてですが

日常生活では
ミカンはどこまでもミカンであり
リンゴはどこまでもリンゴ

ほっといたらある日ミカンがリンゴになっていた
なんてことはありません
せいぜいカビが生えたり腐るくらい‥

これに対し量子力学の世界では
「ミカンとリンゴの重ね合わさった状態」
というのがあり得る
ということですな

リンゴ擦って
ミカンとリンゴのミックスジュース
みたいのを想像しちゃだめですよ(笑)

部分的にミカン、部分的にリンゴ

そうとしか言えません
そんな状態が存在するし
意図的に作ることもできちゃう

それが量子力学の世界
ミクロの世界
なのです

○ブログでは書けない不思議の科学の真髄とは?
【東大物理式】「サクサク読める<見えない世界の物理学>」
メルマガ登録はこちら
https://parasitefermion.com/

○これがホンモノの科学視点【貴方はもう引き返せない!】
「見えない世界の物理学ZOOMセミナー」開催中!
https://parasitefermion.com/news/seminar/

○科学ネタを優しく紐解く‥
【東大物理式】正統派科学こそが本当のオモシロさを伝える
ネコ動画ほど癒されずEテレほど勉強にもならない【お茶菓子動画】
https://www.youtube.com/channel/UCMXH3zgiwHjFyJ7qxWB6RBQ

〇種市孝Facebookタイムライン
https://www.facebook.com/takashi.taneichi.3

関連記事

  1. 「古典もつれ」と量子もつれの関係とは

  2. 量子テレポーテーションの「すごさ」、正しく知ろう

  3. 「相関」と「通信」は違うよ、違う!

  4. 量子もつれ、その前に「古典もつれ」

  5. 古典物理にはない「量子もつれ」の特徴

  6. 量子もつれの片割れを観測したら何が起こる?

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA