fbpx

「古典もつれ」と量子もつれの関係とは

量子力学は実際問題
現代に生きる我々の生活に深く根ざしており

その利用は多岐にわたっており
恩恵から「逃れる」(?)ことはもはや不可能
(インターネット、LED、スマフォ、液晶、etc.‥)
゙☆⌒o(*^ー゚) オッケー♪

このことと、

よく言われる
「『量子効果』は
原子・分子や素粒子などミクロの世界で顕著になり、
日常生活レベルでは感知できない」

という言い回しは別のこと
別に矛盾はしていないので、注意してくださいよ

量子効果とは例えば
「重ね合わせ状態」(参照:「想像できる?>「重ね合わせ状態」」

日常生活で量子力学はめちゃくちゃ役に立っているが
かと言って
ミカンとリンゴの重ね合わせ状態
‥などというものを我々は目にすることはない

しかしてミクロの世界では、例えば
ある原子のA状態とB状態の重ね合わせ状態は
フツーに存在する

そういうことです、混乱しないでね(o^-‘)b グッ!

ここで「量子もつれ」の説明をするときに
原子・分子や光など
実際に行われている実験の話をすると
けっこう面倒くさい話になってしまうので

分かりやすさのため
いま仮に(あくまで「仮に」ですよ)
日常生活レベルで「量子効果」が顕著である
とします

「重ね合わせ状態」が目に見える形で起こると仮定しよう、
という話

ミカンとリンゴの重ね合わせ状態が
実際に起こる、と仮定します

「量子もつれ」とはひとことで言うと、

「古典もつれ(参照:「量子もつれ、その前に「古典もつれ」」)に
『重ね合わせ状態』の概念を組み込んだもの」

なのですが、これについては次回ヾ( ´ー`)ノ~

○ブログでは書けない不思議の科学の真髄とは?
【東大物理式】「サクサク読める<見えない世界の物理学>」
メルマガ登録はこちら
https://parasitefermion.com/

○これがホンモノの科学視点【貴方はもう引き返せない!】
「見えない世界の物理学ZOOMセミナー」開催中!
https://parasitefermion.com/news/seminar/

○科学ネタを優しく紐解く‥
【東大物理式】正統派科学こそが本当のオモシロさを伝える
ネコ動画ほど癒されずEテレほど勉強にもならない【お茶菓子動画】
https://www.youtube.com/channel/UCMXH3zgiwHjFyJ7qxWB6RBQ

〇種市孝Facebookタイムライン
https://www.facebook.com/takashi.taneichi.3

関連記事

  1. 想像できる?>「重ね合わせ状態」

  2. 古典物理にはない「量子もつれ」の特徴

  3. 意思が固まらないうちにプロポーズする人いる?

  4. 量子もつれ、その前に「古典もつれ」

  5. 古典と量子の違い

  6. 量子もつれの片割れを観測したら何が起こる?

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA