fbpx

量子もつれの片割れを観測したら何が起こる?

A、Bさんがそれぞれに赤、もしくは青のシャツを着て
その上に上着を着て
Aさんは東京、Bさんは大阪

これを今度は量子もつれとして考えようというわけですが
この時全体は

甲状態(Aさんが赤、Bさんが青)

乙状態(Aさんが青、Bさんが赤)

が重ね合わさった状態(参照:「想像できる?>『重ね合わせ状態』」
にあるのでした
8(^-^8″)(8^-^)8″

この段階で東京のAさん(もしくはその近くにいるαさん)は

Aさんが着ているシャツの色を知りません
Bさんについても同様

この辺の事情は古典もつれの場合と同じです

ただし異なる点も。

古典もつれの場合

シャツの色は確定しており
必ずどちらかが赤、どちらかが青のシャツを着ているのであり
ただ、上着を着ていて見えないからわからないだけ

それに対し量子もつれの場合は「重ね合わせ状態」にある
つまり上着の下のシャツの色は
2つの状態が重ね合わさっているのですから
「本質的に確定していない」のです

これが古典と量子の違い

次に、この「量子もつれ」で情報が伝わるかどうか

そこは古典もつれ同様、やはり伝わりません
; ̄ロ ̄)!!

まずこの重ね合わせの状態では
重ね合わせであるがゆえにそもそもシャツの色は確定していないので
Aもその傍らにいるαもAが着ているシャツの色を知りません

これが情報伝達(参照:「意思が固まらないうちにプロポーズする人いる?」
の定義に反します

さて、ここからがさらに問題です
Aさんが上着を脱いでシャツの色を確認しましょう
例えばそれが「赤」であったとします

その瞬間に全体の状態は

「甲状態と乙状態の重ね合わせ状態」
から
「甲状態」単独

となります

乙状態が消滅し、甲状態だけが残るのです
(゚д゚)(。_。)ウン!

これは「瞬時に」、シャツの色を見た瞬間に起こります

これが有名な(かな?)「波束の収縮」という現象です
これは古典もつれでは起きない
量子もつれ特有の現象です
(ここちょっと異論もありますが、とりあえずこれで進みますよ)

「瞬時に起こる」というところがポイント
これについては次号で

○ブログでは書けない不思議の科学の真髄とは?
【東大物理式】「サクサク読める<見えない世界の物理学>」
メルマガ登録はこちら
https://parasitefermion.com/

○これがホンモノの科学視点【貴方はもう引き返せない!】
「見えない世界の物理学ZOOMセミナー」開催中!
https://parasitefermion.com/news/seminar/

○科学ネタを優しく紐解く‥
【東大物理式】正統派科学こそが本当のオモシロさを伝える
ネコ動画ほど癒されずEテレほど勉強にもならない【お茶菓子動画】
https://www.youtube.com/channel/UCMXH3zgiwHjFyJ7qxWB6RBQ

〇種市孝Facebookタイムライン
https://www.facebook.com/takashi.taneichi.3

関連記事

  1. 「相関」と「通信」は違うよ、違う!

  2. 古典と量子の違い

  3. 量子もつれ、その前に「古典もつれ」

  4. 量子テレポーテーションの「すごさ」、正しく知ろう

  5. 量子もつれで情報は光速を超えて伝わりま‥ せん!

  6. 意思が固まらないうちにプロポーズする人いる?

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA