fbpx

「波動」ってなんですか?

「波動」のみならず、
「エネルギー」、「波長」、「次元」、「宇宙○○」、「○○フィールド」‥

いかにも科学的に語られる「量子力学」が巷間をにぎわしています。

アカデミズムとは
過去に蓄積された膨大な量の人類の知恵に学び、
一足飛びには進まず労苦の多い研究活動に支えられるもの

あなたが今目にしているその「量子力学」は、
本当にアカデミック?

例えば、「『波動』を身体に照射して健康になる」というような言説。

よく耳にしますが、果たして本当に「科学的」なんでしょうか?

「波動」の正体をまじめに考えてみる

「量子力学では物質の構成要素は粒子でもあり波でもある、と説明される」

人の思考は言葉や映像の印象に影響されるもの
「粒子」や「波」という言葉それぞれで思い描くものは
相矛盾するものであり、
「粒子でもあり波でもある」なんてものはとても想像できない。

むしろ「想像できない」が正解。

自然は決して、人が想像可能な姿を常にしてくれるほど
人間フレンドリーではないようだ。

その意味でもう少し厳密に表現を変えれば、
「量子力学における物質の構成要素は、粒子と波の性質を併せ持つ『何か』だ」
とでもなるでしょうか。

「何か」とは不親切なようだが、そうとしか言えない。
日常生活での利用に特化された日常用語では
適当な単語がないのです。

(※数式ならこの「何か」をもっとしっかりと表現できる。
そういうところが、物理学者が数学を一つの言語として多用する理由でもある。)

で、物理学的には
物体に何らかの「波動」を作用させて
その物体の状態を変化させる、ということは
一般的にはありえる

その良い例は日常にもある。思いつきました?

そう、電子レンジ。
あれはマイクロ波を照射して、
食品中の水分子の回転状態(量子力学的概念としての)を励起し(水温を上げ)
食品を加熱している。

この場合の「波動」はもちろんマイクロ波(電波の一種)。
過不足無し、明瞭です。
波動がきちんと定義されている。

そもそも「科学的」とは?

なにかを「量子力学的に」説明する文言があったとしましょう。

その中には往々にして、「波動」という言葉が使われます。

波動と聞いて、「なんか科学的に説明されているな~」
と思ってしまったあなた!
すでに罠にはまっています!

まずは考えましょう。

この「波動」とは何であるのか?
マイクロ波なのか赤外線なのか可視光なのか
それともこれら電磁波ではないとしたら
それはどのような種類の「波動」なのか?

もしそれが明確に定義されず、
単に「波動」とのみうたっている議論があったとしたら、
とりあえず眉唾と思ってかかった方が得策です。

それは科学的根拠のない
単なる量子力学のイメージを利用した似非科学の可能性が高い

宝石商での「波動」体験

以下はとある宝石商での私の実体験

店長曰く、
その店の宝石を体の不調な個所に当てるとその不調が治る、と

それはなぜか?
「量子力学によれば、素粒子は全て「弦」でできていて
人間の身体も当然弦でできている。
不調が治ったのは、
宝石からの波動が身体の中の弦の振動に作用した結果なのだ」

との「解説」。

会場一同「おぉ~(驚きと関心と納得の声)」

ちょっと待ちなさい!

少し立ち止まり、
この宝石商の「解説」
じっくり考えてみましょうね(^^)

「素粒子は『ひも』」とは?

現代物理学には「超弦理論」という仮説が存在します。
素粒子が弦であるとは、
この超弦理論で与えられる描像。

この世に存在するあらゆる素粒子が
従来考えられていたような「点状の粒子」ではなく
弦、つまり一種の「ひも」のようなものだと考える。

そう仮定すると
現代素粒子物理学が抱える多くの問題が解決されると
期待されています。

ところで繰り返しますがこの超弦理論
今の段階では仮説にとどまります。

仮説である、とは
その正しさはまだ実験的に証明されていない、という意味。

まず、仮説を仮説と明示せず
説明に使う手法
これはフェアとは言えませんね。

がしかし、それはそれとして
それより重大な問題がここにはあるのですよ

波動が物質に吸収されるからくりとは?

波動の例として、電磁波を取り挙げましょう

電磁波とは、光や電波、赤外線、紫外線、X線などの総称ですね

物質は電磁波のエネルギー(電磁エネルギー)を吸収します。
さっきの電子レンジの例でも見た通り。

でもその為には、物質系の「固有周波数」と電磁エネルギーが「共鳴」
即ち同調しなければなりません。

ラジオをチューニングして、
放送局の電波の周波数に同調したときだけキャッチできる、
そのようなものです。

大雑把に言うと、
分子の「回転運動」は電磁波の中でも特に「マイクロ波」に共鳴します

つまりマイクロ波を照射することで
分子の回転が促進されます

分子が伸びたり縮んだり
曲がったりまっすぐになったりという「振動運動」
これは、マイクロ波よりエネルギーの高い「赤外線」に共鳴。

だから分子の振動は、マイクロ波を当てても変化しないけど、
赤外線を当てるとぐんぐんその動きが活発になる。

さらに、
分子には「電子状態」と言って、
分子内に捉われている電子の
その束縛のされ方を規定するものがある。

この電子状態は、赤外線よりさらに高エネルギーの「可視光」
つまり我々が普段目で見ている光、
これに共鳴します。

つまり
可視光を吸収して
分子の中の電子はその存在様式が変化します

このように物質と電磁波、
即ち外部からのエネルギーには共鳴し合う関係があり、
共鳴関係がなければ
エネルギーは吸収されず
従って物質側に変化は起こらないのです。

例えばマイクロ波を照射しても、電子状態は変化しません

「共鳴」する条件をきちんと考えよう

では、先ほどの超弦理論における弦、
素粒子の「ひも」ですね。
その振動は何に共鳴するのでしょう?

それはひとくちに言えば「ガンマ線」です
ガンマ線は、電磁波の中でも最もエネルギーが高い種類で
そのエネルギーに上限はありません

そして、素粒子の弦に共鳴する水準となると、
もうエネルギーレベルが高すぎて
この地上には存在しません

世界で最も高いエネルギーを生成する実験装置
スイスのLHCから見ても
その1000兆倍高いエネルギーでないと
弦の振動を変化させることはできないのです

「手で宝石をかざすと宝石から波動が出て、弦に共鳴して」、
などといかにも科学的に説明したような体ですがとんでもない。
宝石からそんな超高エネルギーガンマ線が出ているわけがない!

これはマイクロ波で電子状態を変える事より、
もっともっとはるかに無謀なことなのです。

※付け加えると、もし宝石からそんなガンマ線が出ているとすると、
地球上は放射性物質だらけ。
とても生物は住めません。

科学的思考のミソは、「言葉の定義」と「エネルギー論的考察」

このように、明確な根拠を持って考えることが「科学的思考」です。

「明確な根拠」とは、今の例でいえば
「波動とは何ですか」(言葉の定義)、と
「共鳴して身体に吸収されるのは本当?」(エネルギー論的考察)。

特に二番目のエネルギー論的考察は、一般の人には難しいかもしれませんね。

そこに付け入るスキがある。

はっきりしているのは、感覚的に「分かった様な感じ」が一番怖い、ということ。
そしてこの「分かった感じ」を与えて納得させる論調が誠に多いのも残念ながら事実なのです。

量子力学を振りかざして来たら
その「エネルギー」とは具体的に何か
「波動」とは何か
「共鳴」と言われたら、
何が何に「共鳴」しているのか
「共鳴条件」を満たしているのか

分からないものを分からないまま、
ただ言葉のイメージに流されるのではなく、
突っ込んで考える、

そういう思考の癖を身につけたいものです。

○科学力で信頼度アップ
独立・起業のノウハウを習得する9日間
【無料】9Stepメールセミナー
https://parasitefermion.com/news/mailseminarlp/

○ブログでは書けない不思議の科学の真髄とは?
東大物理の智慧で究明
「『科学の力をビジネス活用』<見えない世界の物理学>」
メルマガ登録はこちら
https://parasitefermion.com/

○遠隔治療・気功・レイキ・エニアグラム etc.
あなたのセッションを科学で差別化
講座ビジネスで第2の収入源を
「見えない世界の物理学セミナー」開催中!
https://parasitefermion.com/news/seminar/

○科学ネタを優しく紐解く‥
【東大物理式】正統派科学こそが本当のオモシロさを伝える
ネコ動画ほど癒されずEテレほど勉強にもならない【お茶菓子動画】
見えない世界を科学する「種市孝アットPF理論ドットコム」
https://www.youtube.com/channel/UCMXH3zgiwHjFyJ7qxWB6RBQ

○Facebookページ
「見えない世界を科学する最新物理学説「pf理論」研究会」

https://www.facebook.com/pftheory

〇Facebookタイムライン
https://www.facebook.com/takashi.taneichi.3

関連記事

  1. いくら「未来志向」と言っても‥(2)

  2. 時としてヤバい「ジンクスの心理」

  3. 「波動が共鳴」の珍理論

  4. 人の記憶のあいまいさ

  5. 「愛の波動」でウイルスが無力に?

  6. トイペの不足とエセ科学

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA