fbpx

NHK「超常現象」を観て感じた、スピリチュアルと科学のすれ違い

科学に不信を持つスピリチュアリスト・霊能者
スピリチュアルに不信を持つ科学者

双方の問題の一端が見られたかも

番組内ではまず
霊の目撃談の多いイギリス・ウェールズのマーガム城での
SPR(心霊研究協会)による調査の様子

それを元に、報告されている様々な霊体験の実例について検証

〇体験者が感じる寒気・冷気の要因は、恐怖心に起因する体温低下

〇霊の目撃は、壁などのシミによるパレイドリア現象

〇オレンジ色の光の目撃を、脳の視覚野への電磁波の影響による幻覚

〇トンネルや光、美しい景色などの臨死体験を、低酸素状態の脳が起こす現象

〇体脱体験(自分の意識が飛んで、横たわる自分の身体を上から見ている体験)を脳のデータ処理のミス

と、それぞれ結論づけた。

科学で一定根拠を持って結論付けられた内容が
自らの信念に合致しない
というところである意味「感情的に」
霊能者の科学不信になる部分があるのだとすると
それは受け手、つまり霊能者側に問題があるだろう

今の科学で説明できない事実があるとの信念があるとしても
(そしてそれは事実なのだが)
発展し続ける科学の将来まで否定するのはある意味傲慢なのでは?

体脱体験の実験(写真)では
被験者にゴーグル内で自分の背中とその上を動く赤い点の映像を見せる
その赤い点とシンクロして動くロボットアームで
被験者の背中に動く圧迫感を与える。

この実験で被験者は
自分の意識が自分の身体から離れて宙に浮かぶ感覚を得た
と訴える。

この実験の問題点は
自分の身体の映像をゴーグルで見せている点である

つまり外部からの視覚情報で
データ処理のエラーを起こさせている

実際の体脱体験では
外的要因でなく(外部からの誤情報のインプットではなく)
「自己完結的に」自分の身体を客観視してしまっている

それが脳のエラーだとして
そのエラーを引き起こしているのが何なのか特定できてないのに
体脱体験が脳のデータ処理エラーと断定するのは
恣意的であり行きすぎではないだろうか?

このような論調が科学者への不信を高めるのかもしれない。

○ブログでは書けない不思議の科学の真髄とは?
【東大物理式】「サクサク読める<見えない世界の物理学>」
メルマガ登録はこちら
https://parasitefermion.com/

○これがホンモノの科学視点【貴方はもう引き返せない!】
「見えない世界の物理学ZOOMセミナー」開催中!
https://parasitefermion.com/news/seminar/

○科学ネタを優しく紐解く‥
【東大物理式】正統派科学こそが本当のオモシロさを伝える
ネコ動画ほど癒されずEテレほど勉強にもならない【お茶菓子動画】
https://www.youtube.com/channel/UCMXH3zgiwHjFyJ7qxWB6RBQ

〇種市孝Facebookタイムライン
https://www.facebook.com/takashi.taneichi.3

関連記事

  1. こじつけ以外の何ものでもない「正しい人物評価論」

  2. 念力実験をまじめに科学するために

  3. 人の意識は光子として放出される?

  4. 「波動」の呪縛から自由になろう

  5. 人の記憶のあいまいさ

  6. エビデンスが求められる理由

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA