fbpx

「死」のその先に何を期待する?

魂の輝き

宮城県亘理町にお住いの亀井繁さんの妻と次女は、
2011年の東日本大震災の時津波に流されました。

以下は亀井さんの述懐です。

成仏なんかしないで

「二人が発見されたのは、震災の日から二週間経ったころ。
私はその間、風呂に入れなかった。
二人が冷たい水にさらされている中、
自分だけ温かいお風呂につかるなんてとっても申し訳ないと思いました。

納骨しないと成仏しないと言われましたが、
成仏してどっかに行っちゃうんだったら成仏などしない方がいい。

そばにいて、いつでも出てきてほしい。

ある日夢で、暗闇のなか輪郭だけ見え、
『私がいないとつまんない?』と。

別の日にはまた夢の中で、
『今は何もしてあげられないよ。でも信頼している。
急がないから。待ってる。』

私にとっての希望は、
自分が死んだときに妻や娘に逢えるということだけ。

それには『魂』があってほしい。
魂があってこそ、逢える。
それがなかったら、何を目標に生きていけばよいのか。
死んだ先でも私を待ってくれているという妻の言葉こそ、
本当の希望なんです。」
(奥野修司「魂でもいいから、そばにいて 3・11後の霊体験を聞く」新潮社)

悲しみを乗り越えるサポートとしての「グリーフケア」

いずれ人は死ぬ、これはゆるぎない事実。
その死の先に、あなたは何を期待するでしょうか。

中にはいろんな事情から、
一切合切なにもかも無くなってほしい、
消えてなくなりたい、と思う人もいるでしょう。

しかしこの亀井さんのように、
死を肉体のみの死滅ととらえ、
肉体からは独立に存在する魂の永続性、
そしてその延長上に、
すでに他界していた肉親との再会を希求する人が多くいるのもまた事実。

肉親との死別の悲哀とそれに伴う心理的な負担、
苦しみを軽減させるためのワークは「グリーフケア」と呼ばれ、
それを行う多様な団体があります。

それらは大別すると

1)宗教的なもの、
2)心理学によるもの、そして
3)催眠術を利用するもの、となります。

それが必要と感じられた時、自分に最も合うものを選べばよい。
その意味で、多くの選択肢があることは良いことでしょう。
私は更にここに、第四の選択肢
「科学的グリーフケア」を加えたいのです。

その意義は、単に「選択肢が増える」だけではありません。
科学の力に信頼を寄せるすべての人の期待に応えることになります。
そして更に、そこには他の三つにはない独自の大きな特長があります。
それは、それが肉親・知人の死に対する悲哀の軽減のみならず、
自身の死に対する恐怖の軽減にもつながる、ということ。

これって、大きいですよね!

生まれ変わり研究の取り組み

ところで、改めて考えてみましょう。
もしも「死」のその後に、我々の精神活動が停止しないとしたら‥

現代脳科学では、
私たちの精神活動、意識、記憶、感情や感覚の発現などは、
脳の活動の所産とされます。

だから脳がその活動を停止すれば、
それらのものは一切失われるはず。

現代科学の常識に従えば、
死はその人の「人としての存在」の完全消滅を意味します。

科学としての「生まれ変わり」

「だがそれは本当なのだろうか?」
この常識に疑問を持ち、追究している人々がいます。
例えば「生まれ変わり」現象の研究者たち。
アメリカ・ヴァージニア大学が中心となり、
「前世記憶」証言の収集をしています。
その特色は、

  1. 40か国以上で事例を収集
  2. 事例総数2600例以上
  3. 35か月ころしゃべり始め、7歳くらいでしゃべるのをやめる
  4. 知能指数が高い傾向

その中でも特に、
「科学としての生まれ変わり」に着目すると、
特筆すべき事例も。
それは、35か国の事例で
前世記憶として語られた証言内容と一致する人物が特定できた、
ということ。

人の証言内容を事実と認めるには?

少し理屈っぽい話になりますが、
科学研究において「個人的な体験談」は、
研究のきっかけにはなるかも知れませんが、
それだけで「事実認定」されることはありません。

あなたがいくら確信をもって「私は○○を見た」と証言しても、

その○○がイチローのホームランであろうが
車の衝突事故であろうが、
はたまた幽霊であったとしても、

あなたが主張しているという限りにおいては、
科学的にそれが事実だと認定されることはありません。

事実認定されるためのキーワードは「共有可能性」。
「誰でもがそれと認めうる、共有できる体験」であるときに限り、
その現象は事実と認定されます。
(※あくまで「科学的に」という意味で。
個人が何を事実と思うかは勝手です。)

例えば研究の現場の学術論文。
一般の人が目にする機会はほとんどないと思いますが。

そこでは実験結果の報告など、
どんな条件下でどんな材料を調達し、
測定にはどんな機器を使用したか。

その製造者から
型番、製造日時・番号、必要なら実験日の温度や湿度などなど、
実験の条件がこと細かに記されています。

そうやって「誰でもが同じ条件で追試が可能である」ように情報が公開され、
実際に追試が繰り返されます。


そして同じ条件のもと、
誤差の範囲内で同じ結果が得られることが確認されれば、
それは正しい結果であると認められます。

生まれ変わりのエビデンスを求めて

誰が見ても同じ結果を共有できる事象、
これが「エビデンス」。

では問題。
生まれ変わりの研究においては、
なにがエビデンスとなり得るのでしょう?

もうお分かりでしょう。
「私の前世は○○です」などという自己申告だけでは、
少なくとも科学的なエビデンスとは認められません。
それは他人が共有可能な体験ではないから。
しかし‥

もしその前世記憶証言で語られている前世の人物、
その「○○」が誰なのか、
が特定できたとすると話は別。

前世記憶では例えば、

氏名や年齢、職業、
どこの国に住んでいた人物か、
誰とどこへ行った、
どんな家に住んでいたか、
庭にはえていた木、
子供の頃こんなことして遊んだ、
どんな事故で死んだのか、などなど

様々な詳細かつ具体的なエピソードが語られます。
それらのエピソードが一致する、
過去に実在した人物が見つかるケースがあると言うのです。

この場合その証言は、
単なる個人的な主張の域を越え、
証言者と過去に実在したその人物との間に
何らかのつながりがあることを示しているようにも思えますね。

生まれ変わり研究の目的の一つ、それはもちろん
生まれ変わり現象そのものが本当にあるのかどうかを明らかにすること。

その為に、このような前世の人物特定は有力な判断材料となります。

そして、ヴァージニア大学の永年の研究では実際、
「私は前世、○○でした」の○○が、
本当に過去に実在する人物に合致する事実が数多く含まれます。

その一例については別稿で。

○科学力で信頼度アップ
独立・起業のノウハウを習得する9日間
【無料】9Stepメールセミナー
https://parasitefermion.com/news/mailseminarlp/

○ブログでは書けない不思議の科学の真髄とは?
東大物理の智慧で究明
「『科学の力をビジネス活用』<見えない世界の物理学>」
メルマガ登録はこちら
https://parasitefermion.com/

○遠隔治療・気功・レイキ・エニアグラム etc.
あなたのセッションを科学で差別化
講座ビジネスで第2の収入源を
「見えない世界の物理学セミナー」開催中!
https://parasitefermion.com/news/seminar/

○科学ネタを優しく紐解く‥
【東大物理式】正統派科学こそが本当のオモシロさを伝える
ネコ動画ほど癒されずEテレほど勉強にもならない【お茶菓子動画】
見えない世界を科学する「種市孝アットPF理論ドットコム」
https://www.youtube.com/channel/UCMXH3zgiwHjFyJ7qxWB6RBQ

○Facebookページ
見えない世界を科学する最新物理学説「pf理論」研究会
https://www.facebook.com/pftheory

〇Facebookタイムライン
https://www.facebook.com/takashi.taneichi.3

関連記事

  1. 宇宙の加速膨張、その犯人はどこに?

  2. 超高速現象への挑戦

  3. ブラックホールはなぜ光る?

  4. 太陽最大の謎、「コロナ」はなぜかくも「熱い」のか?

  5. 宇宙レンズフレア

    人は星屑でできている

  6. 今年のノーベル物理学賞は二段仕込み!?

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA