fbpx

「虫の知らせ」に見る、危うい「直観」の世界

夢での再会

ご存じですか?「虫の知らせ」

「夢の中でおばあちゃんが出てきた。
翌朝、親戚から電話があり、おばあちゃんが昨夜亡くなった、とのこと。
ああやっぱり、夢であいさつに来てくれたんだなぁ。」

細かい違いはあっても大体こんな感じでしょうか。
想像してみてください。
もし本当にこんな経験したとしたら、どう思いますか?

「虫の知らせ」は科学で解明できないのか?

そりゃやっぱり、
「夢には不思議な力があるんだな」と思うのも無理はない、
のかもしれません。
本当におばあちゃんが、今生の別れを告げに来てくれたんだな。
そう思うと、わざわざあいさつに来てくれた情の深さに心が温まる感じがするし、
追悼の念も強まるというもの。
その心情、本当に尊いものだと思います。
その気持ちは大事にしていかなくてはならない。
肉親の死は悲しいものだし、敬愛の情が深いほどそれは強まるものです。

元SONYの技術者で、
「あの世の科学」で有名な天外伺朗氏はこの「虫の知らせ」について、
「もちろんこれは、現代科学では全く説明できません。
科学を超えた、宇宙の神秘的な側面の一つです」
と言います。

しかし、ここでちょっと考えて欲しい。
本当にそう断言してもよいのでしょうか?
科学の可能性、そんな風に簡単にあきらめてしまっていいの?

生年月日が一致する確率は?

ちょっと話題を変えましょう。
学校に通っていたころを思い出してください。
40人学級としましょう。

中国の小学校
では問題。
「あなたと同じそのクラスの中に、
生年月日が一致する人がいる確率は何%でしょうか?」
厳密に計算するのではなく直観で結構なので、
大体このくらいだろうという値を考えてみてください。

私は全国各地でセミナーや講演活動をしていて、同じ質問を皆さんにしてきました。
ほとんど(ほぼ全員)の方が一桁%とか、中には1%未満という方も。
でもこれ、正解はなんと89%!
10クラスあったら、内9クラスで誰かと誰かが一致している。
実は誰も一致していない方が珍しいのです。

誰にでもある「認知バイアス」

私たち人間の認知活動
(知覚し、
自分なりに咀嚼して知識をまとめる活動)
には様々なエラーが生じ得る、
ということなんですね。
で、多くの人がその自分の認知エラーに気付かない。
自分の見聞きしたことや直感・思考に、
それほど疑いを持つ人はいませんよね?

むしろそれほど確かなものはないようにも思える。
しかしそこが落とし穴!
事実はそうでもない、ということなのです。

物理学をはじめとする自然科学は、
この世界を支配する自然法則を明らかにする学問なので、
まずはこの世界の有り様を極力正確に捉えようとします。
その為に観測活動や実験を行うわけですが、
その時には、当然ながら
個人的な思い過ごしや勘違いなどはできるだけ排除しなければなりません。

虫の知らせも、
ストーリー自体は美しいし人間として尊い感情でもあるのですが、
もし科学的立場で「実際には何が起こっているんだろう?」と考える場合には、
いかなる情動よりも「真実」に目を向けなければなりません。

さっきの、
「生年月日が一致する確率を実際よりうんと小さく見積もってしまう」
人間心理は、
何に起因するのか?
これは人の認知活動に本来備わっているバイアス(偏り)の1つなんですね。
要するに、人の認知活動は「間違うようにできている」のです!
「なぜそんな余計な機能が備わっているのだろう?」、と思ってしまいますよね?

認知バイアスの存在理由、それは一言でいうと「脳の省エネ」。
それにより人は、余計に不安を感じることもなく、むやみに落ち込むこともなく、自己肯定感を保ち続けることができるようになっています。

でも、物事には常に裏表、一長一短があるのが世の常。
この認知バイアスのおかげで様々な思い違い、勘違いが生じてしまう。

女性の脳

科学の真髄は「認知バイアス」を越えたところに

では改めて、
「夢でおばあちゃんを見た」事象と
「翌朝亡くなったと連絡が来た」事象が
時間的に連続している事実は
果たしてどれほど「稀有な」ことなのでしょう?

それを「とっても稀有なこと」と思うから、
夢の不思議なパワーを信じ込んでしまう。
ところが冷静に考えるとそうでもないのです。

簡単に言えば、普段から
「○○さんが夢に出たけど死んではいない」事象と
「○○さんが夢に出てはいないけど、夜中に死んだ」事象は
(特に前者は)頻繁に起きているのです。

ところがこれらは記憶に残らない。
別に不思議でもなんでもない、「印象深さ」に欠ける出来事なので。
記憶に残らない=無かったことになる

たまたま一致した時だけ、「印象的」なので「おおっ!」となり、
「夢ってすごい!」となる。

本当に「虫の知らせ」における現代科学の及ばない神秘性(もしそれがあるなら)
にアプローチしようとするなら、
確率に関するこのような人の認知バイアスを
徹底的に排除した上で考えなければならないのです。

「私は科学者じゃないから関係ない」←とっても関係ありますよ!

生年月日が一致する確率を過小評価するくらいなら笑い話ですが、
社会の様々な問題の背景に、
この認知バイアスが深くかかわっているケースがとても多いのです。

例えばここ数年世の中を騒がしている特殊詐欺事件。
いわゆる「振り込め詐欺」というやつ。
あれなんかはもろに、
人の認知バイアスをついてお金をだまし取る知能犯罪です。

知能犯

向こうが必死に、
あれやこれやと頭を悩ませ我々をだます仕組みを作っているなら、
こちらも知恵をつけて、
人類特有の認知バイアスというものをきちんと理解し、
簡単には引っかからない脳をつくることが重要なのかもしれません。

そう考えたとき、「虫の知らせ」のように
世の中にあふれる「常識では計り知れない」現象には、
どう対応したらよいのでしょうか?

「夢であの人が挨拶に来てくれた。」
「夕暮れの空にオレンジ色の光が飛んでいた。間違いなくUFOだ。」
「キャンプしていたら、夜中に誰もいないはずなのに人の声が聞こえた。幽霊に違いない。」

ロマンはロマンとして、
なるべく正しく現象を理解し正しい方向で対処しようとするなら、
「自分は今『認知バイアス』に捉われているかもしれない」とまずは思うこと。
これは人生の様々な判断・問題解決・他人との合意形成の局面で言えることです。

どうです?「自分は科学者じゃないんだから関係ないよ!」と思っても、
実は科学的思考は実生活にむちゃくちゃ役立つことでもあるんですよ。

そのことを踏まえたうえで、
これから色々な不思議現象について、
科学的にどうとらえたらよいか、是非楽しみながら考えていっていただけたらと思います。

○科学力で信頼度アップ
独立・起業のノウハウを習得する9日間
【無料】9Stepメールセミナー
https://parasitefermion.com/news/mailseminarlp/

○ブログでは書けない不思議の科学の真髄とは?
東大物理の智慧で究明
「『科学の力をビジネス活用』<見えない世界の物理学>」
メルマガ登録はこちら
https://parasitefermion.com/

○遠隔治療・気功・レイキ・エニアグラム etc.
あなたのセッションを科学で差別化
講座ビジネスで第2の収入源を
「見えない世界の物理学セミナー」開催中!
https://parasitefermion.com/news/seminar/

○科学ネタを優しく紐解く‥
【東大物理式】正統派科学こそが本当のオモシロさを伝える
ネコ動画ほど癒されずEテレほど勉強にもならない【お茶菓子動画】
見えない世界を科学する「種市孝アットPF理論ドットコム」
https://www.youtube.com/channel/UCMXH3zgiwHjFyJ7qxWB6RBQ

○Facebookページ
見えない世界を科学する最新物理学説「pf理論」研究会
https://www.facebook.com/pftheory

〇Facebookタイムライン
https://www.facebook.com/takashi.taneichi.3

関連記事

  1. 「波動上昇」ってなんなん?

  2. 人の記憶のあいまいさ

  3. 「波動」の呪縛から自由になろう

  4. 念力実験をまじめに科学するために

  5. 教育現場のエセ科学

  6. 「量子力学で幸福を引き寄せる」ですと?

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA