いくら「未来志向」と言っても‥(2)

東日本大震災でAさんの妻と1才の娘は津波に飲まれた。

遺体が発見されたのは2週間後。

Aさんは、しばらくの間風呂に入れなかった。

家族が2週間も冷たい水の中にいた。自分だけ暖かい風呂に入れる訳がない、と。

人には納骨しないと成仏しないと言われたが、成仏してどこかに行ってしまうなら、成仏しないで、そばにいていつも出て来て欲しい、と納骨しなかった。

(私も母を亡くした時全く同じ感情を持ったので、これは本当に理解できる。)

火葬した夜、二人が出てきた。会いに来てくれたと、泣いて手を伸ばしたら目が覚めた。

希望は、自分が死んだ時に妻や娘に会えるということだけ。

その為には、魂が存在して欲しい。魂があってこそ再会できる。

それが無いのなら、何のために生きているというのか。

 

愛する人がいない世界は、想像を絶する地獄。

震災から8年経って、ある日夢で妻が「待っている」と。

夢の中だけが、震災前と同じ気分に戻れる。夢は生きて行く糧である。

人々の希望はこの世の希望。しかし自分の希望は、自分の死後最愛の妻と娘に会えることへの期待。

妻の「待っている」という言葉は、本当の希望であり、生きるパワー。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

死後存続や生まれ変わりの実在性を研究しているとたまに

それは後ろ向きの希望であり

現世に生きる本当の希望はこの世での生を喜びに満ちたものにすることで

その為にも潜在意識へ働きかけ

自分と自分の周りの人への働きかけを変える事が重要

と言われます。

また、親と仲が悪い人は

死んだ後にまで殊更親と会いたくない

と思うこともあるでしょう。

しかし、今の人生の前と後に自己の生が繋がっていると考えることは

前向きに生きるきっかけにこそなれ

ネガティブな思考にはつながらないのではないでしょうか。

例えば自己の死の後に既に他界している親や子に会う

ということを現実的に受け止めるならば

この世を精一杯生きて

あちらの世界で笑顔で会おう

精一杯の人生を報告しよう、と

思えるのではないでしょうか。

 

Aさんの体験談はそのことを物語っています。

○ブログでは書けない不思議の科学の真髄とは?
【東大物理式】「サクサク読める<見えない世界の物理学>」
メルマガ登録はこちら
https://parasitefermion.com/

○これがホンモノの科学視点【貴方はもう引き返せない!】
「見えない世界の物理学ZOOMセミナー」開催中!
https://parasitefermion.com/news/seminar/

○科学ネタを優しく紐解く‥
【東大物理式】正統派科学こそが本当のオモシロさを伝える
ネコ動画ほど癒されずEテレほど勉強にもならない【お茶菓子動画】
https://www.youtube.com/channel/UCMXH3zgiwHjFyJ7qxWB6RBQ

〇種市孝Facebookタイムライン
https://www.facebook.com/takashi.taneichi.3

関連記事

  1. 大流行のスピリチュアル的「波動論」、でもよく考えて!

  2. NHK「超常現象」を観て感じた、スピリチュアルと科学のすれ違い

  3. 「愛の波動」でウイルスが無力に?

  4. いくら「未来志向」と言っても‥(1)

  5. 時としてヤバい「ジンクスの心理」

  6. 「量子力学で幸福を引き寄せる」ですと?

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。